鼻停滞は鼻水や鼻糞が詰まって起こっていると思われがちですが、それは悪行です。
鼻の中には鼻甲介という部分があり、ここが腫れるため鼻停滞が起きているのです。

鼻甲介は、鼻の片方に3つずつ残る気分の順路を形成しているスポットで、鼻から吸った気分を単に1秒で肺に適した温度37℃湿度100百分率に変換する働きがあります。
ますます、吸い込んだ際に気分に混じって入るゴミやクズなどの異物の8割をカットして得る、甚だ高機能な臓器です。

鼻甲介は終日機能しているので、休憩する場合は片側を腫らして気分の通りを減らしてある。
これはネイザルサイクルと言われ、両鼻の気分の流れはいつも共通ではないということです。

ここで鼻停滞解消法を2つ紹介します。
ペットボトルによる解消法
ある鼻の裏面の傍らにペットボトルを挟み続けると、詰まった鼻の通りがよくなります。
これは脇の下を受かる交感神経がモチベーションを受け、鼻甲介の血管を収縮させる結果で、挟んだ間隔の5ダブルの間隔、鼻の通りが良くなります。

鼻うがい
常温水200mlに塩気約2gを与え、濃度0.9百分率の食塩水を作ります。
食塩水をジェットできるような箱を用意し、ジェット箱のノズルを鼻筋に沿うようにして鼻に入れ、外見を下に対し、肺に水が入らないみたい「ふむふむ」と言いながら食塩水をジェットします。
掃除は鼻の出入り口付近で良いため、概して無痛です。
これで異常が改善された方も多いようです。

とはいえ、病的な鼻づまりも存在します。
いつも片方だけ、若しくは相互が塞がる場合は、粘膜の浮腫が原因で塞がるアレルギー性鼻炎やハウスダスト、花粉症、ちくのう症などの心配が疑われます。
面白いなと思ったら、耳鼻科を受診しましょう。ボルサリーノの帽子